歯周病外来

歯周病治療の重要性

歯周病は、進行すると歯茎からも出血したり膿が出たりと歯を支える組織(歯周組織)全体がボロボロの状態になり、さらには歯を支えている顎の骨が溶けてしまう病気です。どんなに豪邸を建てても地盤がしっかりしていなければ家が長持ちしないのと同じで、虫歯がなくても骨や歯茎が健康でなければ歯はすぐに失ってしまうことになります。また、インプラントを埋め込んだり、きれいな被せ物を取り付けたりしても、顎の骨や歯茎が健康でなければ長持ちしません。

どんな歯科治療でも、1回行ったら、できればその歯を一生使い続けていただきたいと考えており、そのためには土台となる歯周組織から良い状態にすることが欠かせません。そのため当院は歯周病治療には特に力を入れており、徹底的に最後までできることを行い、お口全体を健康な状態にしていくことを目指しています。

歯周病治療の流れ

お口の中の健康状態を確認

どのようなお悩みでご来院された場合でも、まずはお口の中全体の健康状態を確認し、歯周病の問題があれば、それを患者さんにお伝えします。

ご説明

歯周病の進行状況、放っておくとどうなってしまうか、どのような治療が必要か、などを患者さんにご説明します。

歯磨き指導

歯周病治療の基本は、正しい歯磨きです。担当の歯科衛生士が、歯磨きの方法についてご説明します。きちんと磨いているつもりでも磨けていないことがほとんどですので、改めて歯の正しい磨き方を知っていただければと思います。

原因除去療法

まずは、歯に付着している歯石を取り除きます(スケーリング)が、それだけでは不十分です。歯周病の原因は、歯の表面や歯周ポケットにいる歯周病菌です。麻酔を使用した状態で、歯と歯茎の間にある歯周ポケットの深いところまで、原因を取り除き、きれいにお掃除をしていきます(SRP、ルートプレーニング)。さらに、それでも改善が見られない場合、つまり歯周病がかなり悪化してしまっている時は、歯茎を切開して中にある歯の根っこの部分を徹底的にきれいにします(歯周外科治療)。

歯周病の予防とメインテナンス

軽度の方も含めると、成人のほとんどは歯周病にかかっている、あるいはその予備軍であると言えます。歯周病の悪化を防止するためには、3ヶ月から半年に一度は歯科医院で歯をお掃除する必要があります。当院でも、ご来院される患者さんのおよそ半数は、治療ではなく予防と、歯周治療後の再発防止のメインテナンスで通院されています。歯周病になると大掛かりな治療が必要になり、最悪の場合は歯を失ってしまうことになります。そうならないよう、普段から予防に努めるようにしましょう。

歯周外科治療

歯周病が悪化した時は、歯茎を切開して、歯の根っこ部分をきれいにお掃除することがあります。当院は歯周病治療にも力を入れており、最後まで治療を完遂することを大切にしています。そのため、見える部分の歯石を除去するだけでは治らない場合は、積極的に歯周外科治療も実施します。

  • 歯のことでお悩みならお気軽にご相談ください 診療時間 9:00~19:00 休診日 水・日・祝 03-3871-0202 メールでのお問い合わせ歯のことでお悩みならお気軽にご相談ください 診療時間 9:00~19:00 休診日 水・日・祝 03-3871-0202 メールでのお問い合わせ
  • クリニックBLOGクリニックBLOG
03-3871-0202 メールはこちら