一般歯科

痛みの少ない虫歯治療

歯を治療する時に一番気になるのが、麻酔の痛みだと思います。そのため当院では、少しでも痛くない麻酔に心がけています。必要に応じて、コンピューター制御の自動麻酔器を使用しています。これは注射器ではないため見た目の恐怖感がなく、患者さんに痛みを感じさせない圧で麻酔液を注入することができます。

それでも、どうしても緊張してしまうという方には、笑気麻酔を使った治療も行っています。こちらは笑気ガスというものを吸っていただくことで、リラックスした状態になる鎮静法です。また、心拍確認や血中酸素飽和度がわかるモニタリング装置を使用することで、さらに安心感へと繋がります。

レーザーを使った虫歯治療

エルビウムYAGレーザーを使った治療も行っており、歯を削る際の、あの独特の「キーン」という音を出さずに治療することも可能です。また、レーザーは歯茎を傷つける心配がないため、樹脂を歯に詰める時に血が混じって見た目の審美性が低下する心配もありません。

ただし、レーザーで治療できるのは主に初期の虫歯だけです。ある程度進行してしまった虫歯は、どうしてもドリル(タービン)で削らなければならなくなります。虫歯になった時は、早めに治療を開始して、身体への負担を少なくするようにしましょう。

できるだけ歯を残すことを目指します

大人になると、一度抜いた歯は二度と生えてきません。また、神経を抜いた歯はもろくなり、使える寿命が短くなることがわかっています。そのため当院では、むやみに歯を抜いたり神経を取り除いたりせず、できるだけ残せるものは残すことを目指した治療を行っています。

残念ながら歯の無くなった所もおまかせ下さい。

歯が無くなった場合でも、見た目と噛む、話すなど機能を回復させるブリッジや、入れ歯(義歯)など患者さんの希望をよくお聞きし、方法、材料などを提案します。

最新の材料を使用しています

歯を削った時に詰める樹脂や、被せ物を取り付ける時に使用する接着剤は年々進化しており、歯科の進歩は材料の進歩によって支えられていると言っても過言ではありません。当院は常に新しい材料を取り入れ、最良の治療を患者さんにご提供できるようにしています。

虫歯の予防

虫歯になるには、それなりの原因があります。削って詰めるだけでその原因を解消しなければ、また同じように虫歯ができてしまうことになります。そのため当院では、例えば虫歯と非常に密接な関係にある「唾液の分泌量」や「唾液の成分」「口の細菌培養」などを調べ、一人一人の原因を見つけます。その上で問題があればそれを解消するようにしています。

唾液が少ない場合、子供であればきちんと噛んでおらず唾液腺が発達していない可能性が考えられます。また、中高年の場合は、高血圧や心臓病などのお薬の影響で唾液が出にくくなっていることがよくあります。こういった原因をきちんと見極めた上で、内科などのかかりつけ医の先生とも連携しながら、虫歯にならないための根本的な予防対策を行っていきます。

口内炎の治療

桐歯科医院では、口内炎の治療も行っています。一般的には軟膏を出すのみということが多いようですが、それは対症療法に過ぎません。口内炎にもいろいろな原因がありますので、まずはそれをきちんと診断し、レーザーで痛みを取り除いた後に栄養剤や飲み薬などを使って、口内炎の原因を根本的に解消する治療を行います。

  • 歯のことでお悩みならお気軽にご相談ください 診療時間 9:00~19:00 休診日 水・日・祝 03-3871-0202 メールでのお問い合わせ歯のことでお悩みならお気軽にご相談ください 診療時間 9:00~19:00 休診日 水・日・祝 03-3871-0202 メールでのお問い合わせ
  • クリニックBLOGクリニックBLOG
03-3871-0202 メールはこちら